2013年11月01日

課題に挑戦 LED懐中電灯を光源にして撮ってみた

mixiの通称脱初コミュでの課題をやってみました

課題をやっていたら、面白くなってしまって

ついつい余計なことまでチャレンジしてしまいました


真っ暗な部屋でLED懐中電灯のみで撮影が基本となります

まず・・・

ひらめき逆光
IMG_4429.JPG

ひらめきサイド光
IMG_4433.JPG

ひらめき順光
IMG_4430.JPG

ひらめき上からスポットライト
IMG_4431.JPG


逆光、サイド光、順光、スポットライト

光の当て方を変えるだけで、配置を変えたかのように

まったく違う表情で写っているような気がします

アーティストのライブステージを見ているかのようですね




つぎに・・・

ひらめき逆光で光源を入れて
IMG_4462.JPG

ひらめき逆光で光源を入れて補正+2.0
IMG_4463.JPG

ひらめき逆光で光源を入れて手前からレフ板
IMG_4464.JPG

ひらめき逆光で光源を入れてフラッシュ
IMG_4466.JPG

この光源を入れるという課題の意味がいまひとつよくわからなかったので

逆光で人物を撮ったりする場合に、

フラッシュをたけばちゃんと撮れるってことなのだろうか?

このレフ板使用ではいまひとつ効果が見えなかったのですが

レフ板がうまく効果がでるように逆光も利用すればいいのかもしれません



最後に、これはおまけでチャレンジ!

ひらめきバルブにしてライトセーバー1(光源がちょっと写ってしまった)
IMG_4442.JPG

ひらめきバルブにしてライトセーバー2(一番好み)
IMG_4452.JPG

ひらめきバルブにしてライトセーバー3
IMG_4472.JPG


ライトセーバーでの写真って初めてやってみました

同じ光源かと思うほどに違う光り方をするのに驚きです

そして、散弾がまるで化粧品のボトルかとおもうほどに美しくて

思わずうっとりしてししまいました

ネットではLED光源で細長いライトセーバーもどきを作って撮影するのを

たくさん見ていたので、いつか私も作ってみようと思っていましたが

今日、思わぬきっかけでチャレンジしてみたら

手持ちのLEDライトの懐中電灯にしてはちょっと光が弱いものですが

それでも十分に美しく撮ることができました

影が無くなるのが美しく見える理由なのでしょうか?

不思議です・・・




さてさて、先日の丸ボケと一緒ですが

これらの光の使い方

実際の撮影にどうやって活かしていけばよいのか

それがこれからの私の課題です


いや〜、でも面白いですね〜



****************************************
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
     ↑
2つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします




posted by Niko at 21:47| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | EOS7D な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<スポンサードリンク>

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。