2013年08月18日

新兵器登場 外部マイクAT9941


射撃の映像を撮っていて気が付いたのですが

EOS7Dの内蔵マイクってモノラルなんですね

今まではペットの映像などが多かったので音を気にするような事がなく

本体から聞こえる音も、テレビに映して聴いていても

結構音質が良いので、実はそんなに気になることは無かったのですが

考えてみると射撃の映像は射撃会に参加されたほかの方たちへもお渡しするものになると思うので

改めてカメラのスペックを観ていて気が付きましたあせあせ(飛び散る汗)


そこで、今回導入することになったのはこちら

オーディオテクニカの AT9941


動画の撮影で本格的に稼働する人でなくても手にして性能もそこそこで

という品物だそうで、いろいろなところのレビューでは結構いい感じでした



本日届いたので時間が合ったら昼間なんちゃってスタジオで撮れば良かったのですが

残念ながらできなかったので、後日写真は差し替えることにして

とりあえず手持ちですが、ホットシューに装着した様子はこんな感じ・・・

DPP_1432.JPG


さらにウィンドマフを装着するとこんな感じ

DPP_1431.JPG


なんかそれっぽくていいですね・・・


ちなみに、このウィンドマフは

レビューを見ているとかなり抜け毛に困るようです

気を付けないといけませんね


マイク本体には動作のオンオフとなるスイッチがあり

それが二つに分かれていて

屋内モード(FLAT)と屋外モード(L-CUT)への切り替えスイッチとなっています

細かくはメーカーのホームページで仕様を確認してください

http://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=300




この録音モードの違いを確認するために

部屋の扇風機の風をあてて、モードとウィンドマフの効果を試してみました

映像は次の順に入っています

1)EOS7Dの内蔵マイク

2)AT9941装着 FLAT ウィンドマフ無し

3)AT9941装着 L-CUT ウィンドマフ無し

4)AT9941装着 FLAT ウィンドマフ有り

5)AT9941装着 L-CUT ウィンドマフ有り


AT9941の風切音比較


携帯の方はこちらから →http://www.youtube.com/watch?v=sz2Ixx2a5F8&feature=youtu.be


なるほどね・・・

ヘッドフォンを繋いで聞くと違いがきちんと判るのですが

そのまま聞くとどうなんでしょうか?


しかし、もう少し、風が右に左にと動く様子がステレオでわかるのかと思ったら

思いのほか効果があまりわからなかったので

今度はどこか外へ持ち出して違いのわかる映像を撮ってくることにします

いや、でもかなり風切音って低減することができるものなのですね

おもしろいひらめき



と、いうことで

この新兵器、いつから始動することになるのでしょうか

またちょっと楽しみが増えました


****************************************
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
     ↑
2つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします
posted by Niko at 23:56| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | EOS7D な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<スポンサードリンク>

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。