2014年04月28日

ピクチャースタイルの意味

最近、ちょっと気になっていたこと

ピクチャースタイルのお話

いろいろなところで、ピクチャースタイルを公開してくださっているので

それを保存して効果を見ているのですが

動画用にテクニカラーのCineStyleというのも無料で公開されているそうな

ダイナミックレンジが広がった映像が撮れるということらしいので

それを入れて試してみたのですが

なんだかもやっとした感じの映像が撮れました

そもそも、これって撮影後のグレーディングをすること前提のピクチャースタイルのようなので

私には動画用のソフトは無いので意味ないか・・・

というところまでは、すぐにたどり着きまして


そのあと、ダイナミックレンジが広がるのなら

とりあえずそれでRAWの静止画を撮影して、あとでDPPで編集すると

もしかして、HDR機能とまではいかなくても

もともとのRAWの情報の中に、広いデータが残ってくれているのかな?と思って

手元にあったCineStyleで撮った画像と、それを加工した画像とで見比べてみたところ、こんな感じになりました

シネスタイル比較2.jpg


撮影したのは太陽がとってもよく出ている日で

ピクチャースタイル以外は

ホワイトバランス:太陽光

アンシャープマスク:7

としてあります

これって、そういう効果があったものと思っていいのでしょうか?


それとも、そもそも持っている情報量はどのピクチャースタイルで撮っても同じなので

CineStyleでそういう風に見せているだけっていうことなのでしょうか?

比較に使った画像はそんなにハイライトとシャドウが極端なものではないのでわかりづらいのか?


同じ画像を

シネスタイル比較3.JPG


同じCineStyleのまま、コントラストを上げて

ハイライトを最高にして、シャドウを最低にしてみたのがこの画像です

あれ?これを見ると、やっぱりつぶれるところは潰れるんだなって感じがするな・・・




ちなみに別の日、別の時間帯になってしまいますが

最初から静止画用のピクチャースタイルで撮った画像を調整したのがこちら


IMG_7033.JPG

うーん・・・

よくわからないです

難しいな〜


グレーディングできるソフトが使えたら

動画もRAW画像のようにいろいろと雰囲気を変えられるのですよね?

そうなると欲しいな〜

とりあえず、射撃の動画の撮影は、明暗が激しいカットにどうしてもなってしまうので

CineStyle一度試してみようかな




****************************************
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
     ↑
2つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします
posted by Niko at 01:47| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | EOS7D な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<スポンサードリンク>

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。